1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. おすすめ
  4. 遮熱・断熱・通風・抗カビなど実は機能が充実!レースカーテンの必要性とは

お役立ち情報

Column

カーテン・じゅうたんについて、さまざまな役立つ情報をご紹介します。

遮熱・断熱・通風・抗カビなど実は機能が充実!レースカーテンの必要性とは

2022/08/11
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遮熱・断熱・通風・抗カビなど実は機能が充実!レースカーテンの必要性とは

多くの家庭では、窓につけるカーテンを二重にしているのではないでしょうか。厚手のドレープカーテンと薄手のレースカーテンです。中には「レースカーテンは付ける意味があるの?」と疑問を抱いている方もいるでしょう。しかし、実はレースカーテンにはさまざまな機能があり、部屋の過ごしやすさを保つ意味でも欠かせないアイテムなのです!
本記事では、レースカーテンの必要性やその機能性、またおすすめ商品をご紹介します!

1.まずは知ろう!レースカーテンの意味と必要性

結論から申し上げると、レースカーテンは「付けることをおすすめするアイテム」だと言えます。
ドレープカーテン1枚では補いきれない機能面を、実はレースカーテンがカバーしているのです!
まずはレースカーテンが不可欠な理由、必要性を裏付ける優れた機能を紹介します。

●レースカーテンの機能について

遮熱・断熱機能

夏は屋外の外気温の影響を受けにくく、冬は室内の温かい空気が外に逃げにくくなります。お部屋が外気温の影響を受けにくくなり、冷暖房効率のアップや省エネ効果が高まります。


遮像機能

外から室内のシルエットを見えにくくするなど、遮像機能はプライバシー保護の観点においても、おすすめの機能です。


UVカット機能

外から入ってくる紫外線をカットし、お部屋の中の家具や床の日焼け・色褪せを軽減します。


防炎機能

燃え広がりを抑える効果があり、その場から避難する時間を与えてくれますので、万が一の時には防炎カーテンが効果的です。


レースカーテンには室内での暮らしを快適にするさまざまな優れた機能が備わっています。だからこそ、お部屋にレースカーテンをつけることがおすすめです!

●レースカーテンを設置しないとどうなる?その役割は?

●プライバシーの保護
レースカーテンを設置していない場合、日中ドレープカーテンを開けた際にお部屋の中が外から丸見えになってしまう恐れがあります。そのため、透けにくいタイプのレースカーテンを設置することにより外からの視線を遮りプライバシーを守ってくれます。

●お部屋の冷暖房効率のアップ
お部屋が外気温の影響を受けにくくなり、冷暖房効率のアップや省エネ効果が高まります。

●日射しの調節や紫外線対策にも
レースカーテンを設置することにより、外から入り込む直射日光を緩和し自然光を程よく取り入れることが出来ます。
また、UVカット機能付きのカーテンなら紫外線をカットして床や家具の色褪せを軽減してくれます。

●風を取り入れたいときに
外の風を取り入れたい!と思ったときにもレースカーテンがついていれば程よく風を取り入れることができます。

2.レースカーテンの洗い方は?汚くなったらどうするの?

カーテンは空気中のホコリ、キッチンからの煙などによって、日々汚れやにおいが付着し続けたり、紫外線や温度・湿度の変化によっても繊維の劣化をさせます。使用条件の差はありますが、レースカーテンは半年に1度のお洗濯をおすすめします。また、数年間洗濯しなった場合、1回の洗濯でカーテンの劣化で破れる恐れがあるのでその点には注意が必要です。※取扱絵表示を確認したうえで、正しい洗濯の仕方を心がけましょう。

●洗濯機で洗濯する場合

カーテンを洗濯機にそのまま入れるのではなく、必ずフックを外しましょう。裾におもりが入っている場合にはそれも取り外してください。カーテンのひだに合わせてジャバラ状にたたみ、洗濯ネットに入れたうえで洗濯機を利用します。カーテンの大きさにもよりますが、一度に洗濯するカーテンの枚数は1~2枚に抑え、水量は最大にしてください。水流は弱水流にして、30度以下の温度で洗いましょう。脱水はタイマーで1分程度が目安です。

●洗濯後の乾燥方法
カーテンを吊っていたカーテンレールに戻し、そのまま乾かすのがおすすめです。一方で絶対に使用すべきではないのが乾燥機です。生地の収縮の原因となるので控えましょう。レールに吊るした後は引っ張って寸法を合わせます。全体を手で叩くことである程度シワ防止にもつながります。部屋の床やカーペットが濡れないよう、カーテンの下にはタオルを敷くことをおすすめします。

※形状記憶加工を施したタイプのカーテンは、アイロンを使用すると形状記憶が崩れることがあるので注意しましょう。カーテンのタグに必ず絵表示があるので、表示されている温度でアイロン掛けをします。

より詳細なカーテンのお手入れ方法については「必見!お気に入りのカーテンを長く使いたい場合のお手入れ方法」をぜひご覧ください。

3.レースカーテンの遮熱・断熱で1年中快適ライフに!

レースカーテンに遮熱・断熱機能があることで、室内を1年中快適で過ごしやすい環境に保ちやすくなります。例えば、猛暑の夏に窓から入る熱気を遮り、寒い冬には室内の暖かい空気を保てます。レースカーテンが1枚あることによって、室温の急激な上がり下がりの緩和も期待できるのです。

また、節約の観点から見ても、遮熱・断熱機能によって室内の気温の上昇や下降を抑えることで、エアコンをフル稼働しなくても冷暖房効果を保てるというメリットもあります!部屋を適温に保てるようになることで、電気代の節約にもつながるはずですので、遮熱・断熱機能はその大きな助けとなることは間違いありません。これからレースカーテンを新調する方はぜひ遮熱・断熱機能に優れたアイテムをお選びください♪

遮熱レース素材.jpg



●おすすめの遮熱・断熱レースカーテン

SC17114_.jpg

SC17114
(アイボリー)

アイボリーの色合いがおしゃれな機能性が充実したオーダーレースカーテンです。透けにくい、防汚などの機能も充実。

SC17117_bottom_lace.jpg

SC17117
(アイボリー)

おしゃれなウェーブ柄が施されており機能性がある上にデザイン性もあるレースカーテンです。

marisutaIV_.jpg

マリスタ
(アイボリー)

透けにくい、防虫加工、UVカットなど多機能が魅力的なアイテムです。日当たりが気になる部屋でUVケアもできます。


4.通風機能や抗カビ機能のあるレースカーテンも

通風機能や抗カビ機能を備えたレースカーテンは、部屋に湿気がたまることを防ぐ効果やカビの繁殖を防ぐことが期待できます!窓は外の湿った空気の大きな入口になると同時に、雨が直接当たって濡れたり外のホコリで汚れたりする場所でもあります。そうした場所にはカビが付着しやすく繁殖もしやすいのです。
カビは湿気が多く汚れた場所を非常に好むので、窓から部屋に湿気や水分、汚れなどが入ってくるとそこにカビの菌が付着してどんどん繁殖していきます。その結果、室内に大量のカビが発生しやすくなります。特に高温多湿で湿気が部屋の中にこもりやすい梅雨時期から夏にかけては、これらの機能を持つレースカーテンの活躍が期待できるでしょう。

形状記憶

通風機能によって

部屋の換気を良くしてカビが好む湿気を少なくします

真空釜

抗カビ機能によって

カビの繁殖を防いだりすることで部屋の中でカビが繁殖するのを抑えられます


●おすすめの通風レースカーテン

CO84105.jpg

CO84105
(アイボリー)

シンプルな見た目ながら風通し快適、防炎、遮熱・断熱など機能が充実したオーダーレースカーテンです。自然な風がお部屋に入り快適に過ごせます。

ルシアIV_.jpg

ルシア
(アイボリー)

小紋調柄がかわいらしい既製レースカーテンです。透けにくい、通風、遮熱・断熱など多機能なアイテムです。


●おすすめの抗カビレースカーテン

KZ13149_.jpg

KZ13149
(アイボリー)

透けにくいミラーレースタイプで、遮熱・断熱、抗カビ機能付きのオーダーレースカーテンです。抗カビ機能でカビの繁殖を防いでくれます。お部屋の湿気や結露が気になる方におすすめです。

ronaIV_.jpg

ロナ
(アイボリー)

小花柄がかわいらしく、機能が非常に充実した既製レースカーテン。抗菌、抗カビ機能がついているので、カビだけでなくさまざまな菌を抑制してくれるのでお子様がいるご家庭に特におすすめです。

これまで「ドレープカーテンのみでレースカーテンを付けていなかった」という方も、「レースカーテンの必要性に気づいていなかった」という方もその機能性に驚いたことでしょう。
せひ店舗やオンラインショップでもレースカーテンをチェックしてみてくださいね!

 

関連キーワード

カーテン おすすめ
 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」で
最新情報をお届け

「いいね!」で最新情報をお届け
 

CONTACT US

お問い合わせはこちら

来店予約や製品サンプルの応募、その他、お問い合わせはこちらから。
お気軽にお問い合わせください。