カートボタン

カーテンの測り方

これからお客様が測るサイズを元に、カーテンが美しく見える適切なサイズでカーテンをお仕立いたします。
測り方は、動画でもご覧いただけます。

<ご注意>

ものさしや定規で測らないでください。
今お使いのカーテンを測らないでください。

※動画の採寸方法はオンラインストアでのご注文方法と異なります。
オンラインストアでご注文の方は「オンラインストアでご注文する場合の採寸方法」を
ご参照ください。

オンラインストアでご注文する場合の採寸方法

STEP1>「巾」を測る

巾は一番端の固定ランナーにメジャーを引っかけて測ります。

○カーテンの仕上がり巾は計測した巾よりも5%程度プラス(注1)して作成となります
(注1・・計測したレール巾に上乗せがないと閉まりに余裕がないため)
~例~
 計測巾190cmの場合 190 × 1.05 = 199.5  ⇒ 200cm

STEP2>「丈」を測る

メジャーをランナーにひっかけ、垂直に下ろして測ります。

腰高窓はランナーから窓枠の下まで測ります。
光漏れなどを防ぐために窓枠下から15㎝~20㎝プラスした長さが理想的です。
但し、窓の下に机などの家具を置く場合は干渉しないようご注意下さい。

出窓は2か所測ります。
①ランナーから窓枠の下まで測ります。
写真①のようにお部屋側についている場合は、腰高窓と同じ測り方です。
②ランナーから棚板の上までを測ります。
出窓のカウンターにすらないようにマイナス1㎝します。

掃き出し窓はランナーから床までを測ります。
※床にすらないようにマイナス1㎝します。レースカーテンは計測した丈からマイナス
2㎝します。

立ち上がり窓はランナーから床までを測ります。
※床にすらないようにマイナス1㎝します。レースカーテンは計測した丈からマイナス
2㎝します。

ご注文時のサイズ入力は、窓のタイプによって計測を行って頂き、足し引きをした
仕上がりサイズにて入力を行ってください。

注意点
カーテンの丈は生地ものである為、プラスマイナス1㎝の誤差が発生する場合がございます。その場合は、アジャスターフックにて調整をして頂くようお願い致します。

STEP3>フックとレールの形式を確認

カーテンのフックはレールを見せるタイプとレールを隠すタイプの2種類があります。
レールの形式は4種類あり、レールの形式によって、フックの形式が異なりますので、レールの形式もご確認ください。

Aフック
フックの上に生地が1㎝付け足されおり、カーテンレールが見えます。
Bフック
フックの上に生地が4㎝付け足されており、カーテンレールを隠すようになっています。
Aフック・Bフック共にアジャスターフックとなっておりますので、多少の丈調整ができます。

既製品に関して
既製カーテンをご購入いただいた場合、厚地のカーテンはBフック、レースカーテンはAフックにてセットしております。

丈サイズについての注意点
フックから上の生地の付けたしについては、仕上がりサイズ算出の際に足して頂く必要はありません。全てランナーから計測したサイズをもとに、窓のタイプごとに足し引きを行ったサイズをご注文ください。

STEP4>カーテンの開き方と窓の周辺を確認

カーテンの下に干渉物がありませんか?下記の干渉物がある場合は、お客様のご希望のサイズをご指定ください。

<窓の下の干渉物例>
□デスク
□チェスト
□ベッドのヘッド部分
□ソファの背もたれなど
□カーペットをカーテンの下に敷く予定の有無

STEP5>カーテンのつなぎ目と柄合わせについて

カーテンのつなぎ目は既製カーテン、オーダーカーテンにおいてもサイズにとって生じます。
1.5倍ヒダでは横幅100㎝以上、2倍ヒダでは横幅70㎝以上(一部75㎝以上)の場合にはつなぎ目が入ります。
つなぎ目のないカーテンをご希望の場合は、お問合せよりご連絡ください。
メールにてご案内いたします。

また、1.5倍ヒダの既製カーテン横幅100㎝以上の商品は柄合わせを行っておりません。 その為、デザインがきっちり連続しませんのでご了承下さい。 気にされる場合は、オーダーカーテンからお選び下さい。

<注意>

カーテンのつなぎ合わせについて
カーテン(既製・オーダー)は、「仕上がりサイズ・使用する生地巾」によって、
カーテンにつなぎ目が出ます。予めご了承ください。

ページトップ